マリンスポーツ初心者のウェットスーツ事情

マリンスポーツ初心者のウェットスーツ事情

マリンスポーツ初心者のウェットスーツ事情

ウェットスーツ

マリンスポーツをした事がありますか?マリンスポーツに欠かせないのがウェットスーツですよね。ウェットスーツはスクーバダイビング、スキンダイビング、スノーケリング、サーフィン、ウィンドサーフィン(セイルボード)、ヨット、水上オートバイ(ジェットスキー、マリンジェット)などのマリンスポーツ、あるいは、水中土木、レスキュー・サルベージ、海上建築物上での作業などの職業的な水中・水上活動において着用される保護スーツのうち、スーツ内部に水が浸入するタイプのものをいいます。ちなみに、水が浸入しないものはドライスーツと呼びます。

ウェットスーツの着用場所

例えば、日本では、釣り(フィッシング)用のウェットスーツは「鮎タイツ」、「鮎ジャケット」などという商品名で呼ばれることも多いのですが、これらの商品も販売ルートが違うだけでウェットスーツです。知っていましたか?ちなみに日本では水温が低い時期に水泳・遊泳することは少ないので、これらの活動でウェットスーツを着用することは比較的少ないのですが、トライアスロンなどの競技者や、夏でも水温が低い地域、また、日焼けを避けたい場合などには、これらの活動に際してもウェットスーツを着用することがあります。

ウェットスーツ概要

ウェットスーツは簡単にいうと内部に気泡を含むクロロプレンゴム製の生地からできた、身体に密着する衣服です。ウェットスーツの生地の厚みは通常2-7mmで、厚いものほど保温性に優れますが、厚さに比例して運動性が制限されますし、浮力が大きくなります。ダイビングにおいてはより多量のウェイトが必要になります。日本では、ダイビングウェットスーツ用は5mm、サーフィン用ウェットスーツは3mm程の厚さのものが最もよく使われています。水中ではウェットスーツの内部に水が浸入しますが、適切なサイズのウェットスーツを着用していればその量は少しで、浸入した水がウェットスーツと身体の間に薄い水の層を形成します。水の層は体温ですぐに暖められるため、それにより冷たさを感じるのは短時間です。

ウェットスーツのサイズ

ウェットスーツのサイズが大きすぎて体に密着しない部分があった場合、身体の動きに応じて水が出入りしてしまうため、保温性が大きく損なわれてしまいます。その為、ウェットスーツ着用に当たってはサイズ選びがとても大切です。ウェットスーツには着用者の身体のサイズに合わせて製作する、フルオーダーメードも一般的です。ウェットスーツを着る時は下着は着用しないか、身体に密着する競泳用の水着程度のものにする場合が多いようです。また、近年は、ラッシュガード・ウェットインナーなどを着用する場合があります。

ウェットスーツの形

ウェットスーツは色々な組み合わせで着用することもあります。それはウェットスーツに要求される保温性や運動性に応じ、それぞれウェットスーツ単独で、あるいはロングジョン+ジャケット、ワンピース+スプリングのような各種の組み合わせといった具合です。ワンピースやスプリングの場合には着脱のためのファスナーが必須である場合が殆どですが、ノンジップと呼ばれるノンファスナーワンピースも存在します。ウェットスーツのファスナーは腹側につける場合と背中側につける場合がありますが、運動性を阻害しないため、特に、サーフィン用のスーツにおいては身体の伸縮が少ない背中(脊柱)側に設けたものが殆どです。また、ウェットスーツの脱ぎ着を簡単にするため、手首、足首部に、不快感軽減のため襟元にファスナーが付いているタイプもあります。

ウェットスーツの種類

ワンピースタイプのウェットスーツ
フルスーツとも呼ばれます。長袖、長ズボン型で上下が一体となったウェットスーツです。
シーガルタイプのウェットスーツ
半袖、長ズボン型で上下が一体となったウェットスーツです。
ロングジョンタイプのウェットスーツ
なし、長ズボン型で上下が一体となったウェットスーツです。
スプリングタイプのウェットスーツ
半ズボン型で上下が一体となったウェットスーツです。半袖型と長袖型があります。
ジャケットタイプのウェットスーツ
タッパーともいいます。上半身のみで長袖のものと半袖のものがあるウェットスーツです。ビーバーテールと呼ばれる、ずり上がらないための股がけを有したものもあり、フードが着いたタイプもあります。
ボレロタイプのウェットスーツ
上半身のみで袖なしのウェットスーツです。
パンツタイプのウェットスーツ
下半身のみのウェットスーツです。半ズボン型と長ズボン型があります。

ウェットスーツの素材

スキン素材のウェットスーツ

クロロプレンの素地が表面に露出したものウェットスーツです。下記の各種素材は、このタイプの生地の片面、または両面に他の素材を複合したものです。クロロプレンゴムペレット、硫黄等の架橋剤、カーボンブラック等の充填剤、内部に気泡を形成させるための発泡剤、軟化剤、酸化防止剤等の劣化防止剤などを混合し、加熱しながらロール間を通してシート状に成型することで製造されます。水分をほとんど吸収せず、また、皮膚への密着性がよいため、内面、外面のどちらに用いても保温性に優れたスーツとなりますが、強度が弱く、色は黒一色となるためデザイン性に劣るという欠点があります。

スキンの用途

内面に用いた場合、滑りが悪く着脱に難儀することから、表面に滑りをよくする加工を施したウェットスーツもあります。また、赤外線を反射するセラミックス類を添加することで、保温性をさらに向上させたウェットスーツもあります。サーフィン用など水上での活動が主となる用途では、水分の蒸発により熱が奪われることを防ぐため、外側をこの素材で構成することが多いです。ダイビング用ウェットスーツの素材には水圧で気泡が潰れにくいよう硬めの素材を用い、サーフィン用などのウェットスーツの素材には身体の動きを束縛しないよう柔らかめの素材を用いるため、ダイビング用のウェットスーツをサーフィン用に使ったり、その逆をしたりすることはあまり好ましく無いといえるでしょう。

ロクハン素材のウェットスーツ

ウェットスーツの中には、ロクハンカブリあるいはロクハンと呼ばれるウェットスーツがあります。これは6.5mm厚の両面スキン素材のロングジョン+ジャケットで、通常はファスナーなどがありません。着脱には多少慣れが必要ですが、その反面、身体への密着性が非常に高く浸水が非常に少ないことと、陸上でも気化熱が奪われにくく暖かいことから保温性や着用後の運動性に優れていて、現在でも一部のベテランダイバーに愛用されています。但し、破れたり裂けたりし易い欠点があるので取り扱いには注意が必要です。このウェットスーツは、現在では滑りを良くして着易くするための内面加工(SCSやスムーススキン等のコーティングやフィルム貼り付け;タックレス)が広がり、着脱性は向上しているようです。

ジャージ素材のウェットスーツ

スキン素材の表面にニット地を貼り付け加工したウェットスーツです。スキン素材と比較して強度は著しく上がり、また、さまざまな色やデザインのスーツを製作可能ですが、布地が水分を吸収することから陸上で気化熱を奪われ易く、スキン素材ほど皮膚に密着しないため浸水も多くなり、水中・陸上ともに保温性は低下するデメリットがあります。普通のジャージ生地のウェットスーツは濡れると一時的に色がくすんで見えて高級感に欠ける欠点がありますが、これを改良し、ポリウレタン混紡など特に伸縮性の高いニット地を貼り付けたウェットスーツもあります。但し、伸縮性に付いてはスタンダードジャージのウェットスーツが勝っているといえるのではないでしょうか。また、片側にのみ生地を貼った片面スキン(片面ジャージ)タイプのウェットスーツも広く使われ、どちらを表に使うかはそれぞれメリットデメリットがあります。

起毛素材のウェットスーツ

スキン素材の表面に、厚みのあるニット地を貼り付け加工したウェットスーツです。細かな気泡や、体温により暖められた水を効率よく保持するため、内面に用いると保温性に優れたウェットスーツができます。登場したのが1990年代の終わりごろと比較的新しい素材ですが、スキン素材やジャージ素材の欠点であった、濡れた状態で非常に着にくいという点が大きく改良されていることもあって、現在ではウェットスーツ主流の素材となっています。

ラジアル素材のウェットスーツ 

布地が貼られた上に更にラジアルコーティングが為されてるウェットスーツで、価格が上がり伸縮性は低下するものの、スキンよりも遥かに強く、ジャージよりも更に強度が増し気化熱を奪われ難く汚れ難いメリットがあります。ドライスーツに使われることが多いハードラジアル、ウェットスーツに使われることが多いソフトラジアルが存在します。

ウェットスーツの用途と素材

このようにウェットスーツには様々な種類があり、両面ジャージ、外面ジャージ+内面起毛、外面ラジアル+内面起毛、両面スキン、片面スキンなど、用途や着用される状況に応じて組み合わせが選択されますが、外面ソフトラジアル+内面スキンという素材のウェットスーツは私が調べた限りではまだ見当たらないようです。

Pick Up!

Copyright © cybersurf.jp All Rights Reserved.