オンラインカジノのサイバーセキュリティ

映画の中でイカサマを疑われたギャンブラーがカジノの外に連れ出されるシーンをご覧になった方も多いのではないでしょうか。秩序を維持するのは、カジノ側の重要な役割です。イカサマ師や強盗が侵入すれば、カジノ側だけでなく客にまで危険が及ぶ可能性があります。そのため、カジノ側はすべての人が安全・安心にギャンブルできるよう、大がかりな安全対策や措置を講じています。

実店舗だけでなくオンラインカジノにも、カジノ特有の問題があります。そこでオンラインカジノにも、顧客を保護するため安全対策を講じる必要があるのです。オンラインカジノにおける安全対策は、サイバーセキュリティと呼ばれています。ここでは、オンラインカジノの脅威と安全対策について考えてみましょう。

まず、オンラインカジノではどういった脅威があるのか、確認しましょう。

  • ネット詐欺 カジノなど、大人が金銭を支払って利用するソフト関連企業は巨額の資金が出入りしています。資金を移動する際に不正アクセスの被害を受けないよう、企業側は万全に対策しなければなりません。こうしたウェブサイトでは、暗号化されたアルゴリズムを組み合わせて、ありとあらゆる詐欺を防いでいます。ネット詐欺では、上司に成りすまして従業員にメールを送り、顧客データの要求や支払の承認といった指示を出すことが多いのです。幸いなことに、アルゴリズムはこういった偽メールを検知して、スパムメールとして削除してくれます。
  • ハッカー ハッカーの狙いはネット詐欺と同じです。お金をだまし取ったり、顧客データを入手して悪用することなどです。サイバーセキュリティ対策とは、Webアプリケーションファイアウォールなど様々なセキュリティプログラムを駆使して、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといった攻撃を撃退し、安全な環境を構築することです。

また、情報漏洩にも大いに気を付ける必要があります。というのはオンラインカジノでは匿名ユーザーが多く、情報が漏れるとユーザーの立場や評判に傷がつく可能性があるからです。悪意を持った攻撃者は、お金が稼げないとデータを流出させる可能性もあります。

ここ数年間、オンラインカジノユーザーの多くが、暗号通貨を使用することに強い抵抗を感じてきました。ユーザーに暗号通貨を安心して使ってもらうことは、オンラインカジノ業者にとって非常に大きな課題でした。ビットコイン、イーサリアム等々の暗号通貨の価値は大きく値上がりしました。そのためオンラインカジノで1度ミスが発生すると、関係ない人の資産に大損害を与える危険性があります。

もしサイバーセキュリティなど大して重要でないと思う方がいらっしゃれば、数字を見てください。アメリカではオンラインカジノで毎年600億ドルを使っていますが、日本人の場合はおよそ80億ドルだそうです。アメリカでは、オンラインカジノに毎日1億6500万ドルが出入りしている計算になります。

オンラインギャンブルをこれから始める方には、まず遊びたいウェブサイトの一番下までスクロールして、どういったセキュリティー対策を取っているかを確認することを強くお勧めします。オンラインカジノの一番下の部分には、必ずといっていい程、安全に関する記載があります。安全であることが分かれば、安心して楽しめるようになるでしょう。

ほんの少しだけ手間をかけて、適切なセキュリティー対策を施したオンラインカジノを選んでおけば、後々大きく違ってきます。そうしなければ、セキュリティの費用をけちって、安かろう悪かろうという場合もあります。データをハッカーや詐欺師に奪われてしまうと、カジノ側は数十億ドル単位の賠償を余儀なくされる可能性があり、まちがいなく顧客から得ていた信用や信頼を失ってしまうでしょう。アメリカでは、オンラインカジノやカジノ実店舗を利用する人口の割合が60%を超えています。世界全体の利用者数はおよそ16億人となり、世界人口の17%がオンラインカジノを利用していることになります。

カジノ側が優れたセキュリティー対策を取ることは、非常に大切な資産となります。誰もが、お金を騙し取られたくないだけでなく、インターネット上の自分の個人情報を制御し流出を避けたいのです。顧客とカジノを脅威から守るセキュリティーは、今や避けては通れない問題なのです。